Crystal Bowl and Mallet ボウルとマレットについて

クリスタルボウルの種類

クリスタルボウルの演奏では、さまざまな特徴のあるボウルを組み合わせ、自分の好みの音を作っていきます。

第1世代
- クラシック -

初代のクリスタルボウル。非常に重く、サイズのバリエーションは6〜24インチ。気泡により、空気中に柔らかく回り込んでくるような音色が特徴です。フロスト加工され、白い色をしています。

第2世代
- クリア、ウルトラライト -

クラシックより軽量化され、持ち運びにも便利になった第2世代のクリスタルボウル。音もより改善され、伸びやかに。乳白色タイプと透明タイプがあります。


第3世代
- アルケミー -

水晶にさまざまな鉱物、貴金属を混ぜたり吹付けたりしてつくられたボウル。軽く、音も伸びやかで、倍音の豊かさが特徴です。インスティチュートで主に使用しているクリスタルボウルも、この第三世代のものになります。

第4世代
- スパーグレード -

最高級の水晶を使用して作られたボウル。「音が止まらないボウル」と呼ばれるほどのクオリティを誇りますが、生産量が少なく、希少性が高いものです。


モルフ 二度焼きをしたボウル

クリスタルボウルのメーカーであるアメリカのクリスタルトーンズでは、いちど壊れたボウルを焼き直して修理します。二度、三度と焼き直されたボウルは「モルフ」と呼ばれます。


復活の意味、そして2度焼きすることで音色が柔らかくなるため、私たちは再起を象徴するようなボウルとして位置づけています。


ベル
ベル型のボウル

一般的なクリスタルボウルよりも高い音を出すことができます。

プラクティショナー
持ち手のついたボウル

主に全身のボディーセラピーの目的で使われるタイプのボウルです。手に持つという特性上、従来の床に置くタイプのボウルと比べ、動きながらの演奏をより安全に行うことができるため、演奏家からも好まれています。

自分に合ったクリスタルボウルの選び方はこちらから。


マレットの種類

マレットは英語で「木槌」という意味で、クリスタルボウルを叩いて音を出すための道具です。出したい音や演奏のシチュエーションにより、異なるタイプのマレットがあります。

スウェードマレット

スウェードが巻かれたもっともポピュラーなマレット。

ゴムマレット

打楽器を叩くような、丸いゴムの頭が付いたマレット。

シリコンマレット

より繊細な音がだせる。レコーディングなどに向いているマレット。

ゴムコーティングマレット

スウェードマレットの半分ほどがゴムでコーティングされたマレット。